高鍋町>持田地区>さかもと びしゃもんてん(A-19)

さかもとびしゃもんてん

坂 本 毘 沙 門 天 (A-19)

さかもとびしゃもんてん
さかもとびしゃもんてん
名    称 坂本毘沙門天 
所 在  地 高鍋町大字持田 坂本
建 立  者

不 明

祀堂 森 喜一郎氏 

管 理  者 坂本有志 
素       材 木 材
建立年月日

不 明

祀堂 昭和三十年(1955)

   昭和五十年(1975)改築

碑       文

木造背面 

 奉造立 干時慶□□□□□佛師 

 願 主

 

長寿院 牧作左衛門

□□□之助

由 来 等

  • お堂は坂本農振センターの敷地内にある。
  • この像は森家にあったといわれ(長友さん談)彩色の木造で、一部欠損が在るが邪鬼をふまえ素晴らしい彫刻である。
  • 長寿院は貞亨寺社帳によると本尊 薬師如来 寛永6年(1629)中興開山 法印 伝宗 前住 文性後三十年今無住とある。
  • 津江さんの話によると北東の谷に毘沙門天の池という泉水が在ったが今は無い。と、この像に由来するのか?
法  量

木 像

左から① 

木 像

左から② 

 木 像

左から③

高さcm 30  66  43
幅cm 10  35  15
奥行cm 24  10

坂本毘沙門天(A-19)の位置です。