高鍋>南高鍋地区>わすけじぞう (C-17)

わすけ じぞう 

和 助 地 蔵  (C-17)

わすけじぞう
わすけじぞう
名    称 和助地蔵
所 在  地 高鍋町大字南高鍋 光音寺山林内
建 立  者 光音寺地区
管 理  者 奥村家
素       材 石 材
建立年月日 不 明 
碑      文  
  な し

由 来 等

  • 光音時地区の人々に親しまれていた巡査に因んで地蔵に和助地蔵となをつけたという。この地蔵は「イボとり地蔵」とも呼ばれ昔はよくお参りがあったという。現在は地区のお祀りはなく奥村家で管理している。
法  量 石  像 台  座
高さcm 29  14 
幅cm 28  20 
奥行cm 10  20 

和助地蔵(C-17)の位置です。