高鍋>北高鍋地区>ひわたしこうぼうだいし (D-17)

ひわたしこうぼうだいし

樋 渡 弘 法 大 師  (D-17)

ひわたしこうぼうだいし
ひわたしこうぼうだいし
名    称 樋渡弘法大師 
所 在  地 高鍋町大字北高鍋 樋渡 稲荷神社境内
建 立  者 不 明
管 理  者 樋渡地区有志
素       材 石 材
建立年月日 不 明
形    状 木造の堂内
碑      文  
  な し 

由 来 等

  • 樋渡地区が中鶴より分村したとき、岐路にあった地蔵を現在の稲荷大明神の境内入口に移転、稲荷祭りのときに神官に頼み祀っている。別個に祭りはしていない。
法  量 石  像 台  座
高さcm 57  15 
幅cm 52  52 
奥行cm 28  29 

樋渡弘法大師(D-17)の位置です。