高鍋町>上江地区>なかおだいし(B-19)

なか お だい し

中 尾 大 師 (B-19)

なかおだいし
なかおだいし
名    称 中尾大師 
所 在  地 高鍋町大字上江 中尾
建 立  者 不 明
管 理  者 中尾有志 
素       材 石 材
建立年月日

不 明

上屋あり

碑      文  
  台座に記されているが判読できない 

由 来 等

  • たかなべむかしばなしより
  • 現在、中小村でお祀りしているお大師さまは、昔佐々木老夫婦が祀っておられたのを、それを鈴木文吉さんがお祀りなさるようになりました。その後、両家の後をついで中尾の守り神として中尾の人々によっておまつりされています。
  • このお大師さんは、昭和30年前後までは若い青年がおだいしさんをかかえんこで来て花嫁さんに抱かせたといわれています。
法  量 石 像  台  座
高さcm 33 25
幅cm 33 30
奥行cm 15 31

中尾大師(B-19)の位置です。